黄金のアデーレ名画の帰還を見てきたよ

実際見てみると、とても面白かったです。

おばあちゃんはちょっと頑固者で、

弁護士はお金のために始めた弁護ですが、

ストーリーが進むうちに絶対にクリムトを取り返す!

という使命感に変わっていき心の葛藤などの表現も滲み出ていました。

国に奪われた絵画をどう知恵を絞って取り替え返すか?

国交にもかかわる問題に民間人がでていっていいのか?

などなど見所も飽きない映画でした!

美術だけでなく、法律に興味がある人におすすめの映画です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です