迷路?ゾンビ? メイズ・ランナー2: 砂漠の迷宮を見てきたよ

ホラー映画

1よりも2のほうがハラハラドキドキな展開が増えて見どころも多くなりました^^

映画のストーリー自体は、施設から脱出して砂漠を通ってゾンビに遭遇・・・

ゾンビや嵐から逃げてレジスタンスと合流して戦いに臨むが、予想外の展開に・・・という流れです。

アクションとスリル&ホラーな場面も多くなってゾンビ(クランケ)に2,3回びびりました^^;

ゾンビも機敏な動きでかなり移動速度が速く、太陽の光にも怯えないので強いですねw

低予算な映画

ちなみにメイズランナーの製作費は、低予算だったそうです。

低予算で作って10倍の興行収入

本作は、常に姿形を変え迫りくる謎の巨大な迷路(メイズ)から脱出するため、極限の知力・体力で駆け抜けるランナーたちのサバイバルを描いた作品。ブロックバスタームービーは、製作費1億ドル~2億ドルをかけるのが通例だが、ハリウッドでは低予算とされる製作費約3,400万ドル(約40億円)で、ほかの予想を上回る、興行収入約3億4,000万ドル(約400億円)というメガヒットを遂げている。 興収400億円突破した若き奇才、「メイズ・ランナー」監督が語る独占映像。 – エキサイトニュース(1/2)

きのどんは、メイズランナー1,2を見て

・登場人物が多い
・砂漠とか巨大迷路という広大な設定(CG作るの大変そう)

という理由から製作費と時間がかかってそうな映画に感じましたが、そうでもなかったようです。

有名人を起用してないから、俳優さんに支払うお金や権利がらみが安上がりなんですかね。

一般人から見たら、40億は十分お金かかってますけど。

(ネタバレあり)

2の終わりについて

メイズランナー2での最後で、ミンホがさらわれて、トーマスが「ミンホを助ける」「エヴァを倒すこと」という宣言をしました。

フレアによってゾンビ化した人々を助けるのがハッピーエンドだと思いますが、目的が変わってしまった気もしますね。

監督インタビューでもトーマスはヒーローではないと言ってるので、どんでん返しがあるのかもしれません。

さらにオブライエンは“選ばれし者”たちについて「トーマスたちは決してヒーローではない。それが物語の重要な核だ」
http://natalie.mu/eiga/news/159867

果たしてどうなることやら・・・

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 – 映画メイキングとインタビュー

メイズランナー3の公開はいつ?

日本でのメイズランナー3 The Death Cureの公開は未定です。

アメリカでの公開は2017年2月17日になってるので同時公開なら、あと1年先になりますね。。。

ちょい出しのトレイラーがありました。冬の雪山設定のようです。

死の治療というタイトルなので、治療方法が見つかるのでしょうか?

The Maze Runner: The Death Cure – Teaser Trailer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です