ジョディ・フォスターが監督した「マネーモンスター」を見てきたよ

ジョディフォスターが監督した映画ということで、気になりTOHOへ。

ジョディ・フォスターといえば、羊たちの沈黙ですね。
FBI捜査官のクラリスを演じていました。

ちなみに、きのどんが見たジョディの映画はそれだけであまり深い知識はありません^^;

ジョディフォスターってすごい人なの?

映画俳優だけでなく、監督をこなすのだから相当な文章力や想像力があるんだろうなと思って調べたら、超頭いいんですね・・・。

ハーバード大学やコロンビア大学を蹴ってイェール大学にいったらしいです・・・。

IQ132だから東大生の平均IQ120を上回るという秀才ぶり。

そりゃあ監督もできますわ・・・

製作費

最近の映画は、100億以上かかることがざらですが、マネーモンスターは低予算の40億円です。

でも、俳優に払うお金と人件費、セットですぐなくなってしまうようですね。

主演の2人も相当なお金がかかっているはずですが、

ジョージクルーニーとジュリアロバーツの主演ということで、そこだけでも注目できる映画ですね。

ジョディフォスターもインタビューで

「彼女は“AMAZING JULIA ROBERTS”なの! 彼女以外にこの役は考えられないぐらい素晴らしいの。」

っていってますが、それぐらいナイスな組み合わせです。

映画の内容

さて内容ですが、投資で破産した男がTVスタジオをジャックして、実はその背後に隠れたある秘密が暴かれていく・・・という流れです。

最初、思ったのが、男がいきなりTVスタジオをジャックできてしまうセキュリティの甘さw

このきっかけがないと映画が進まないので仕方ないですが、もう少し早く侵入に気づけよと^^;

あと、謎のエンジニアやハッカーに場面が移り変わるのですが、人によっては、

金融用語なども出てきて、謎の登場人物が増えていくので「うーん」となるかも

IQ高い人が映画作ると少し難しくなるんですかね。。。

でも、不自然に下ネタも盛り込んであって、ジョディのそこいらの意図は謎w

最後は、舞台がスタジオから某場所に変わって飽きさせない作りになっていて、

最後のオチはまあなんとなくありそうな割と現実に沿ったオチでしたw

ちなみに今のジョディは監督業がメインらしいです。

「いまは、監督業に専念したいの。27歳で初長編を撮って、それから4本の映画を作ったけれど、決して数としては多くない。もちろん、その間も休んでいたわけではないし、役者としてのキャリアも積んだし、2人の子育てもしているから、とても満足している。でも、監督をするなら100%コミットしなければいけないの。企画と出会って、“さあ、今だ”というタイミングが来たときに、チャンスを逃がしたくない。ただ、これまで50年以上も演技をしてきた自分にとって、演技をすることはほかと比較することはできないぐらい素晴らしいことだから、止めることはないわ」。
http://www.cinemacafe.net/article/2016/06/08/41070.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です